歯を残すための歯根管治療

天神西通りデンタルクリニック・ホワイトエッセンス大名

診療予約
092-725-4000

Root

歯根管治療

  1. HOME
  2. 根管治療

歯根管治療

根管治療でその歯を救えるかも知れません

歯の根の中の神経や血管など(これを歯髄ともいう)が通っている管を根管と言います。
この歯の根が炎症や感染をおこした時に根管治療が必要になります。
この根管治療は歯を残すうえで最も多い治療であり、病巣となるターゲットを見極め、それに対する治療のアプローチ次第で予後が良くも悪くも劇的に変化してしまう治療のひとつでもあります。

根管治療が必要になる原因は?

原因として重度の虫歯、歯の亀裂、外傷などが多く挙げられるでしょう。それらが原因で炎症や感染が起こり、そのまま放置しておくと、歯が痛かったり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。

場合によってはリンパ節が腫れて熱を出すこともあります。根管治療をすることでこれらの症状を軽減・治癒ことができるのです。

抜髄

根管治療では、痛んだ歯髄(神経)を除去して、根管を注意深く清掃し、再度の感染を防ぐために根の中に詰め物をします。このように歯髄を除去する治療法を抜髄(ばつずい)と呼びます。

感染根管治療

一方、以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合にも、根管治療が行われます。この場合の治療法は、感染根管治療と呼ばれます。

当院の精密根管治療

当院では精密な根管治療をするために様々な工夫をしています。それらの一部をここではご紹介します。

ラバーダムの装着

ラバーダムの装着

ラバーダムは根管治療をする際に、歯に装着するゴムのことです。

根管治療する歯以外をラバーダムで覆い隠すことにより、根管治療中の歯を細菌感染から防ぐことができます。

ステンレスファイル

ステンレスファイル

ステンレスファイルは根管治療の際に、汚染された根管内部の神経や組織を除去する器具です。

針のような形状をしていて、側面がヤスリ状になっています。

ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイル

ステンレスファイル同様、汚染された根管内部の神経や組織を除去する器具ですが、ニッケルチタンファイルはステンレス製のファイルと比べ高い弾力性を有しているので、湾曲した根管にも対応でき、スピーディーな治療が可能です。