ジルコニア・オールセラミック・ラミネートべニア審美歯科治療

天神西通りデンタルクリニック・ホワイトエッセンス大名

診療予約
092-725-4000

Esthetic

審美セラミック治療

  1. HOME
  2. 審美セラミック治療

審美歯科セラミック治療

単に白い歯になるだけでなく
健康にも配慮した身体にやさしい治療

審美歯科とは、美しさと機能に焦点を充てた歯科治療のことを言います。
従来の審美歯科治療では、見た目のみを重要視して機能性が失われることが多くありました。しかし、現在の審美歯科治療では「美しさの要素」と「機能的要素」を兼ね備えてこそ審美歯科治療と言えます。
私たちの考える審美歯科治療は『見た目も美しく、機能もしっかり』をコンセプトに、皆様の健やかなライフスタイルの一部となることを切に願っております。

セラミック治療

セラミック治療

健康的に美しく輝く白い歯を取り戻すために、セラミック治療は欠かすことのできない治療法です。

今までは特に目立つ前歯の一部分、または全体が失われた場合に、このセラミック治療を受ける方が多くいらっしゃいましたが、現在では、奥歯の詰め物でも白くしたいという方や金属アレルギーによって金属製の詰め物や冠が使用できない患者さんも増えてきました。

当院のセラミッククラウンの特徴

  • 特徴 1
    天然歯のような透明性のある白さ。
  • 特徴 2
    ご希望の歯の色や白さをご選択いただけます。
  • 特徴 3
    金属を使用しないため金属アレルギーの心配がない。
  • 特徴 4
    前歯だけなど部分的な矯正治療も短期間で可能です。

金属アレルギーは銀歯が原因?

現在の日本の保険診療ではパラジウム、クロム、鉄、コバルト、マンガン、ニッケル、亜鉛、銅、プラチナ、金、銀などの重金属が使われています。これらの金属を被せ物や詰め物に使用することにより、金属が溶け出しアレルギー反応を起こすことがあります。これを金属アレルギーと言います。

金属アレルギーの主な症状

  • 口腔内に膿胞や発疹、口内炎
  • 舌がピリピリする
  • アレルギー性皮膚炎
  • 皮膚のかゆみやかぶれ
  • じんましん
  • 頭痛 etc…

金属アレルギーの対策

金属アレルギーの方やリスクを回避するためには、金属を使用しないメタルフリーによるセラミック治療が最適です。

セラミック治療と従来の治療の比較

セラミック治療とは、天然歯と同様の特長を持つセラミックスによって、白くて美しい歯を取り戻す治療のことです。
ここではセラミックスの素材と従来の素材を比較します。

オールセラミック

素材 メリット デメリット
  • オールセラミック
  • オールセラミック
すべてにセラミックスを使用した治療です。天然歯と同様の透過性を持ち、自然な仕上がりを手に入れることができます。金属アレルギーの心配もありません。
※治療後から5年間完全保障いたします。
保険適応外の治療である。

メタルボンド

素材 メリット デメリット
  • メタルボンド
  • メタルボンド
金属の上にセラミックスを焼き付けて作製された補綴物を使用する治療です。強度や耐久性に優れており、また見た目が自然です。金属を使用しているため、オールセラミックスに比べて透明感が若干劣ります。
※治療後から5年間完全保障いたします。
保険適応外の治療である。
経年的に歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の輝きが思うように出にくいことがある。

ハイブリッドセラミックス

素材 メリット デメリット
  • ハイブリッドセラミックス
セラミックスとレジンを混ぜ合わせた素材の補綴物を使用する治療です。レジンよりも強度が高く、透明感もあるため、自然な仕上がりが実現します。金属アレルギーのリスクが低い。 保険適応外の治療である。
オールセラミックスと比較して、摩耗・変色し易い。

銀歯

素材 メリット デメリット
  • 銀歯
保険適応内で治療ができる。 金属アレルギーのリスクがある。審美性(見た目)が悪い。

審美歯科の症例紹介

Case1

  1. Before

  2. After

Case2

  1. Before

  2. After